大阪にある美容外科の求人に応募しました

数年後、開業するも潰れる

私のような勤務医を多く雇っているクリニックでしたが、医師の入れ替わりも結構多く、勤務医としてお金を貯めたら開業する人が多いことがわかりました。
開業する資金がなかったので自分には関係のないことだと考えていましたが、勤務医でありながら想像していたよりもかなり高額の給料をもらうことができるようになったので、自分も開業をしてみようと野心を持つようになりました。
そしてそれから5年後、実家近くにあるビルの空き店舗を借りて、美容外科を開業することにしました。
都心から離れている地域ですが、賃料が安く駅近い立地も魅力だったので、患者さんも通院しやすいだろうと考えていました。
新聞広告も出しましたし、ホームページも開設しましたが、患者さんが思っていたようにこないので赤字経営になってしまいました。
それまで雇われ医師で働いていたときの貯金もすぐに底をついてしまい、このままではさらに赤字が膨らむと感じたので、残念ながら開業して1年もたたないうちに閉院することになりました。
開業医の難しさを実感し、慣れない経営に手を出したのが駄目だったと感じました。
そして今更ながら、経営の専門家にコンサルタントを依頼すればよかったと考えましたが、すでに手遅れでした。
少し借金が残ったこともあり、また勤務医として働くことを決めました。

医師免許を取得し、美容外科で勤務数年後、開業するも潰れる大阪の美容外科へ